かつてない柔軟性、革新性、先進性を兼ね備え、
お客様の多様で複雑な要件を充足

PSImetalsリリース5.20ウェビナー

 

耐久性のあるアーキテクチャ:未来を見据えた生産管理ソリューションのソフトウェアに向けて

IT戦略の長期的成功のためには、堅牢なフレームワークと革新性が常に求められます。PSImetalsリリース5.20では、製品進化の新しい段階に入りました。 5.20には、新技術によるフレームワーク基盤を提供。主要マイルストーンである新サービスプラットフォーム(SP)と、加えて、エンベデッドビジネスインテリジェンス(BI)、オートテストツール、その他の機能などの多くの機能強化が含まれています。

  • 様々なデータソースからビューの構成が可能:エンベデッドBIダッシュボード


    PSImetalsリリース5.20では導入された、最先端のエンベデッドビジネスインテリジェンス(BI)ダッシュボードがPSImetalsアプリケーション画面の一部として機能統合されました。データ駆動型の意思決定支援を向上に不可欠なオンラインデータを画面に容易に構成可能です。本ダッシュボードは、SQL言語などを介することなく、クラウド画面からの構成が可能です。

     

    概要:

    • PSImetals標準画面内におけるBIダッシュボードの埋め込み
    • オンラインの透過性の高いデータ同期
    • 可視性向上によるデータ駆動型の意思決定支援の強化
    • BIダッシュボードとPSImetals間を機能統合。専用APIを介して、データオブジェクト、データビュー、フィルタ設定などを共有
    • 選択済みBIオブジェクトに基づきPSImetalsアプリ側でアクション(動作)をトリガー可能
  • データ変更の同期:PSImetals オーディットトレイル


    新たなフレームワークコンポーネントオーディットトレイルは、高度に構成可能な「データ変更監査機能」と、ユーザーに変更を通知するプッシュ通知機能を提供します。これにより、2つ以上のPSImetalsまたはサードパーティのインスタンス間のシームレスなデータ同期とトランザクションデータの一貫性をサポート。PSImetalsソリューションのフレームワークにおける強力な新機能です。 PSImetals 5とPSImetals Service Platformコンポーネントの両方を含みます。


    概要:

    • 追跡対象となるソースデータオブジェクトの構成
    • ターゲットテーブルと属性間のマッピングを構成
    • 非同期、順次メッセージキューイングを通じて処理された同期オブジェクトへの変更
  • フレームワークの製品はソリューション製品と同等に堅牢です:PSImetals オートテスト


    PSImetalsオートテストフレームワークを使用すると、完全に自動化されたテストシナリオの定義が可能になります。これには、テストメッセージとGUIアクションの処理、プリセットの参照結果との比較、合否テストレポートの自動生成などが含まれます。サイト上の特定のPSImetalsビジネスワークフローに対応する自動テストを定義できます。


    概要:

    • オンサイトでお客様環境専用に定義済みのオートテストを実行することで、ソフトウェア新バージョンの想定外の挙動を事前にテスト
    • 高度に自動化された回帰テスト
    • エラーと障害の自動検出

生産計画の柔軟性の向上/意思決定サポート/管理機能の改善/ビジネス環境変化への即応性

PSImetals計画の新機能と拡張機能紹介。PSImetalsキャストスケジューリング、生産計画(Master Planner)、新たにサービス化された需要管理(Demand Manager)、切断計画(Cutting Plan)サービスなど。プランニングの新たな世界をご紹介します。

  • ホットチャージおよびダイレクトチャージング(直接装入)の拡張サポート-PSImetals Caster Scheduler


    PSImetals 5.20では、Caster Schedulerのモデル、ソルバー、GUIが大幅に強化されホットチャージ(HCR材)/ダイレクトチャージング(DHCR)を完全サポート。あらゆるタイプの複合ミルへ対応。例:CSP(ストリップキャスティング) ESPプロセス(粗圧延後のバーの先端と後端を接合した後、仕上げ圧延機に通すエンドレス圧延技術)


    概要:

    • ビジネスモデルの一部として、複数のスラブタイプ(冷片装入=CCR、熱片装入=HCR、または直接装入=DHCR)と熱間圧延ミルスケジュールの管理機能の向上
    • 新しいインタラクティブビュー:キャストとストランドが並列表示された熱延スケジュールビュー
    • 熱延側からの要望を伝えるプル型スケジュール、キャスト側からのプッシュ型スケジュール、HCR、DHCRの熱延サイクルを処理するための、新規ヒューリスティック(re-shuffling)および専用ソルバーステップの実装
  • PSImetals 新たなマイクロサービス、需要管理(Demand Manager)コンポーネント


    リリース5.20では、最新のサービスプラットフォーム(SP)上で動作可能な「DMサービス」がリリースされました。当サービスは、引き合い登録、および管理セットが含まれています。 PSImetals SP DMサービスは、需要管理とS&OP(収益計画)の機能プロセスの中核を担っており、OD(工程設計)、S&OP、およびDDQ(納期問い合わせ)コンポーネントとシームレスに統合。引き合い時に製造実現性を検証した上で、製造可能な生産ルートにおける仕様展開を実施、ATPクォータ(販売枠)を考慮した上で、ATP(販売枠)チェックとCTP(生産能力枠)チェックの両方を遂行します。

     

    概要:

     

    • PSImetals Demand Managerをあらゆるビジネスワークフローにシームレスに統合
    • 注文確約に必要なすべての業務プロセスは、PSIbusおよびPSIbpmエンジンを介して実施されます
    • ビジネスワークフローでは条件分岐によるユーザー操作の追加定義が可能
  • フロー制約の柔軟な管理-PSImetalsマスタープランナー


    「タイムバケット範囲」の新しい概念の導入により、PSImetalsマスタープランナーで、複数の時間枠に対して独立した「累積フロー制約」を定義可能になりました。制約の適応範囲としては、グローバル(全体)、製品タイプごとに適応可能です。各バケット範囲または計画期間の開始時の累積フローが一旦ゼロリセットされ、定義済みのタイムバケットの最小・最大の累積フロー内で収まる計画のみが適用されます。

     

    概要:

    • バケット範囲ごとフロー制約を定義する可能性
    • マスタープランナーの納期見積(DDQ)エンジン実装内の別の月の受注追跡のサポートの強化
    •  

  • PSImetals SPの新しいリアクティブ切断計画サービスコンポーネント


    PSImetalsサービスプラットフォーム(SP)に基づいて開発された最初のサービスの1つであるPSImetals SPのリアクティブ切断計画サービス(RCS)は、受け取った生産逸脱の予測/アラート情報に反応して、鋳造切断計画のリアルタイム最適化を可能にします。

     

    RCSサービスはオンラインで機能し、生産管理システムからの最新の切断計画と注文明細ステータスで最新の状態に保たれる独自のアルゴリズムとインメモリデータモデルを含み、プロコン層からのリクエストに応じて切断計画の迅速な最適化を可能にします。

     

    概要:

    • 注文割り込み、入れ替え等による注文明細の変更を実行直前まで受付可能になることで、未紐付けスラブ数を削減
    • 1分以内に発生した生産イベントへの即応

未来を見据えた品質管理:高度な品質評価(QI)と柔軟な欠陥管理に向けて

PSImetals Qualityのいくつかの機能強化が実装され、品質管理プロセスのより監視と評価機能の向上、および欠陥特定機能面での改善が実装されました。

  • 最適な品質評価を確実にする-QIシミュレーション


    品目の最終品質は多くの要因の影響を受けるため、品質の決定要素となる品質指標(QI)、およびルールセットを継続的に監視することが不可欠です。状況に応じてQIの評価とそれに準じた生産結果を改善するため、使用されたルールセットを新たに適合必要な場合があります。 PSImetalsリリース5.20では、新しいPSImetals QIシミュレーション機能が導入され、さまざまなQIルールセットをテストして、過去の生産と品質データに基づく品質評価への影響をシミュレートできます。


    概要:

    • さまざまなQIルールセットのテスト
    • 品質評価に対するQI効果のシミュレーション
    • 複数シミュレーションの比較
    • QIルールと機能の採用
    • 新しいルールセットのアクティブ化
  • 製造中の品目データ修正を予測-未来のリワーク


    生産中に発生する品質問題は、追加の生産ステップを必要とする場合があります。 PSImetalsリリース5.20は、追加の生産ステップの挿入とその後の生産パラメーターの変更に加え、特定された欠陥をリワーク対応するための新機能「未来のリワーク」機能です。特定の予定された生産ステップの後にリワークステップを計画することが可能です。これにより最終品質判定までの未来の生産ルートが記述済みの製造指示がシステムにより作成されます。


    概要:

    • 影響を受ける品目のリワークステップの作成
    • 製造中いつでも未来のリワークルートを採用して変更する
    • 実際・予想される品目状態の考慮
  • SPC(統計的工程管理)の生産プロセスにおける履行


    リリース5.18では、PSImetalsはすでに統計的工程管理(SPC)の基本機能が提供されました。リリース5.20はさらに一歩進んで、SPC GUI内の3つの新しいダイアログの形式で高度なプロセス制御を導入します。SPCの問題追跡機能によるプロセス制御と分析のためのSPCツールを拡張。過去の期間内に発生したすべての検出済みプロセス偏差の概要を提供します。


    概要:

    • SPC問題追跡:プロセス問題の監視と制御
    • 検出されたプロセス偏差の概要:選択したパラメーターのフィルター設定に従って、すべての異常メッセージを表示します
    • マニュアルおよび自動管理図の図解:より直感的な使用

柔軟な生産プロセスの視覚化と具体化:リアクティブスケジュール管理、ユーザーインタラクティビティの向上、オペレーターの技能継承をご支援

日々の定常業務をさらにご支援するための機能改善をご提供。スケジュール実行管理、オンラインヒートスケジューリング、オプションの生産順序、3Dグラフィックスなど、PSImetals Productionでこの度機能強化された新機能をご確認ください。

  • 熱間圧延スケジュールのリアクティブ管理:PSImetalsスケジュール実行管理(SEM)


    PSImetalsスケジュール実行管理(SEM)コンポーネントには、熱延圧延機のスケジューリング専用の新しい画面が用意されています。「スラブ山積みビュー」により圧延スケジュール属性プロファイルの背景色による視覚化が含まれます。本画面は、スラブ紐付けの品質面、および配替作業を最小限に抑えスケジュールの実行調整に役立ちます。


    概要:

    • 専用の山積みビューを含む、熱間圧延用のスケジュール管理専用の新画面
    • スラブから注文への紐付け注文を交換することで、無駄な配替による山積み移動を最小限に抑えることができます
    • 視覚的なアラートは、マッチングルールの評価に基き、紐付き実現可能性を通知します
  • ユーザビリティの改善-PSImetalsオンラインヒートスケジュール(OHS)


    ガントチャート上でドラッグアンドドロップでチャージオーダーの生産ステップを代替リソースへインタラクティブに変更することが可能になりました。ユーザーインタラクティビティが向上しました。

    チャージオーダーの生産ステップが特定の生産ラインに依存する場合、この度のユーザビリティ向上は、既存機能を補完してくれます。

    概要:

    • チャージオーダーへのライン割当は、OHSガントチャート内のドラッグアンドドロップで直接変更できるようになりました
    • 専用の緑のマーカーは、先行工程が代替可能な工程であるかどうかを示します
    • チャージオーダーの生産ステップが新しいリソースにドロップされると、ワークロード(負荷)調整が自動でトリガーされます
  • 品目ごとのライン内プロセス順序を個別に決定


    PSImetals Productionでは、設備機械からは実際の品目の状態を評価できず、現場の担当者の知見が優先される場合があります。このような状況のために、リリース5.20で「オプション生産順序立案」(OPS)機能を開発しました。

    OPS機能を使用すると、次工程に進む前に品目が通過する必要があるラインの必須プロセスを定義できると同時に、現場の専門家が必要に応じて各品目明細に対してオプションの製造プロセスを個別に決定できるようになります。


    概要:

    • オペレーター個人の専門知識が優先される場合や、必要な生産ステップを事前に計画することが難しい場合
    • 品目ごとに最適なプロセスを実現
    • 品目ごとのマニュアル決定:プロセスステップの順序と設備機械の合格頻度を考慮
  • 3Dグラフィック統合の新しい可能性


    PSImetalsリリース5.18にはすでに、ヤード管理への3Dグラフィックス機能の提供済みです。3Dグラフィックスによるシンプルで直感的なヤード外観を実現しています。新しいリリース5.20では、3DグラフィックをほぼすべてのPSImetals画面に統合して、日々の作業をさらに直観的にサポートする自由がもたらされます。

    PSIクリックデザインの恩恵により、3DグラフィックスはすべてのPSImetals Office GUIまたはWeb画面にたやすく構成可能です。生産管理(Production Control)、ヤード管理、在庫管理の既存の3Dサイドビューがさらに設定しやすくなり、グラフィックの色や視点を個別に設計できるようになりました。

    概要:

    • 生産管理、ヤード管理、在庫管理における自由度の高い設定が可能な3Dサイドビュー
    • PSImetals Office GUIおよびWeb画面へも容易に構成可能
    • より柔軟なグラフィックデザインの色設定
    • クリックデザインによる既存画面との容易な統合

モバイル化の浸透:職場での柔軟性と快適性の両立

手のひらの上で情報を可視化することで、必要な情報への迅速なアクセスが可能になります。PSImetalsロジスティクスの主要機能でも多くの機能強化が実施されました。ハンドヘルドデバイスによるクレーンターミナル視覚化

  • クレーンオペレーター向けのハンドヘルドデバイスによるクレーンターミナルの視覚化


    新しいPSImetalsリリース5.20により、クレーンオペレーターは、PSImetalsユーザーがOffice GUIですでに提供されているものと同じクレーンビューをモバイルデバイスでも表示可能になりました。

    3Dグラフィックスでサポートされているため、クレーンのオペレーターは容易に現物を見つけて詳細を確認できます。ハードウェア要件も簡易的なため、クレーンキャビン内のような場所で、完全なWindowsクライアントをインストールしなくても、クレーンヤードビューをさまざまな利用可能なデバイスで使用できます。

    概要:

     

    • ハンドヘルド上でのオフィスGUIと同じクレーンビュー
    • クレーン作業員の日常的な作業で現物を探索し、詳細情報を表示

リリース5.20の詳細をご覧ください。

PSImetalsリリース5.20ウェビナーハイライト

無料のウェビナーでPSImetalsリリース5.20のすべてのハイライトをご覧ください。

カスタマーエリアにログイン後、動画ページまでリダイレクトされます。

Login

Forgot your password?

ユーザーエリア閲覧をご希望のお客様は こちらからご登録をお願いいたします。

PSImetals Release 5.20 - More Info

PSImetalsリリース5.20の詳細な説明(英文)を今すぐダウンロード。

連絡先データを入力すると、ダウンロードリンクが記載された電子メールが送信されます。

Download Infomaterial JP

Bilder: istockphoto.com/©Robin_Hoood; Iconfinder/©DelwarHossain